京都市東山区 那須内科診療所

院長よりごあいさつ

 当診療所は2000年4月に研修医時代の恩師、河崎昭先生を引継いで開設しました。
河崎先生も私も血液内科(白血病や悪性リンパ腫の診断や治療)を専攻して研究や臨床に四半世紀を費やしたあと、開業医の道に入りました。
現在、血液内科専門医、指導医の資格は開業にあたり返上しましたが、内科学会認定総合内科専門医の資格は、更新に苦労しながらも維持しています。専門が血液内科でしたので全身管理は得意ですが、地域の開業医としての熟練は道半ばと感じています。
高血圧や高コレステロール血症、糖尿病、胃潰瘍、逆流性食道炎、片頭痛など、生活習慣に密接に関連する疾患の治療は、患者さんお一人お一人の生活や環境がつかめないと適切には行えません。
京都の祇園町は昔からの伝統が色濃く残る町でもあり、開業後10年たってやっと患者さんと意思の疎通が順調になってきたと思っています。
また病院との連携は開業医にとってとても大切であり、ここにのせた連携病院だけではなく、京都中の病院と連携しているのだと考えています。病院だけでなく眼科、耳鼻科、皮膚科、整形外科などの診療所や糖尿病専門医、心療内科クリニックとの連携も欠かせません。
「地域で患者さんをみていこう」の合言葉で、患者さんを丸ごと診療していくのが当診療所のモットーです。よろしくお願いします。

院長経歴

昭和49年 京都大学医学部卒業
医師国家試験合格
大阪田附興風会 北野病院内科研修医
放射線科、内科医員
昭和53年 京都大学院医学研究科博士課程入学
昭和57年     同           修了
京都大学医学博士授受
日本内科学会内科専門医取得
昭和58年 ワシントン州立大学中央検査部血液病理留学
昭和59年 帰国
大阪赤十字病院内科医員
平成 5年     同    第三内科(血液内科)部長
平成12年    同    退職
那須内科診療所開院
  
  

スタッフの紹介

 

stuff


アットホームな雰囲気でいつも明るく親切、ていねいに対応することを心がけています。 受付事務より

内科の病気は日々の生活習慣を見直すことで改善することがあります。 食事、運動や休息について一緒に考えてみませんか。お気軽にご相談下さい。 看護師より
 


Dr.NASU


 
 
 


inserted by FC2 system